お酒にまつわる失敗談!

お酒にまつわる失敗談大公開~

 

ポコペソ太郎
どーも、ポコペソ太郎@pokopesotaroです!
今回は番外編です。サラリーマンの皆様はお酒を飲む機会が多いと思いますが、ポコペソ太郎が今までに知り合った方のお酒にまつわる失敗談を公開していきます!

ポコペソ太郎

最後にはポコペソ太郎の失敗談も記載していきます!
超ハズカシい(*´ω`*)

カエル太
みんな、酒は飲んでも飲まれるな・・・だ!
ポコペソ太郎
誰だよww まさかカエルだけに下戸とゲコゲコをかけてるんじゃ・・・

case1:鉄板焼きにて

目の前で焼かれるお肉、美味しそうですね~!

case1は鉄板焼き屋でのエピソードです。

新人営業マンのK君(24歳)は、ある日はりきってお酒をガブガブ飲んでいました。

酒癖はそこまで悪くないのですが、新人という事もあってお酒を飲まされたり、場を盛り上げるために自分から進んでお酒を飲んでいたそうです。

周りに迷惑がかかる飲み方では無いですが、ぐったりとおとなしくなるタイプで、シメの鉄板焼き屋につく頃にはフラフラでした。

カエル太
俺も若い時は無茶をしたもんだよ。下戸だからってゲコゲコ言ってんじゃねえって怒られたなあ・・・
ポコペソ太郎
やっぱり下戸とゲコをかけてるんか~い!

お肉やお好み焼きを注文して、しばらく待っていたのですが、新人K君の異変に横にいた先輩が気づいたそうです。

なんとK君、鉄板で

自分の体を焼いていました( ;∀;)

ちょっとホラーですいません(汗)

意識がもうろうとしたK君は鉄板で自分の肘から先を鉄板で焼いていたそうです。

熱くて常人は気づくはずですが、酔うと感覚がにぶるみたいで、焼きながら寝ていたそうです。

幸い、先輩がすぐに気づきましたので、右手の大やけどだけで済んだそうです。スーツだったため、手だけで済みました。


case2:殴りかかる人

「鏡」を見る女性の画像です。殴りかかる人と若干関係がある画像ですw

case2では殴りかかる人を紹介します。

ポコペソ太郎と歳が近い、他の業者O君(34歳)のエピソードです。

普段はおとなしく、小柄で女性のようなかわいらしい顔をしている営業マンですが、酒を飲むと徐々に好戦的になっていきます。

酒が入ると気が大きくなる典型的なパターンで、お酒のイッキ対決をふっかけていき、酔いが回るとハチャメチャな行動にでます。

道に車が停まっていると、その車のに乗っかって歩き、

「どこに車停めとんじゃ!」

と、道を進むように車のボンネットの上を歩きます。もちろん止めに入りますが、暴れますww

そんなO君ですが、酔っ払ったある日、ずっとにらんでくる奴がいて、あまりにも腹がたったのでボコボコにしてやったと言っていました。

そして次の日、復讐なのか、家の洗面台の鏡がバッキバキに割れていたそうです。

喧嘩をふっかけた相手が家に侵入してきて、バットか何かで襲ってきたのだろうか?と思ったらしいのですが、ある日真相が発覚しました。

なんとO君ですが、

鏡に映った自分と喧嘩していたそうです!

まじか?O君ww

ある日完全に思い出したそうです。

家に帰っても付きまとう人がいたのでぶん殴ったけど、あれは鏡に映った自分で、次の日鏡が割れていたのは自分が割ったのを思い出しました!と言っていました。

皆さん、鏡には気を付けて下さいね!

カエル太
おれも昔は水面に映った自分の顔をみてうっとりしたもんだよ・・・
ポコペソ太郎
・・・(何言ってんだこいつ?)

case3:徘徊するポコペソ太郎

最後はポコペソ太郎の失敗談です!

ポコペソ太郎は、酒は弱くもなく強くもない、いたって普通の人間ですが、営業マンなので無理をする事が多いです。

取引先に「飲め!ポコペソ太郎!!」と言われると断れないですよね(汗)

10杯以上飲むこともしばしば、記憶を無くすことも10回や20回どころではありませんww

基本的に泥酔して記憶が無くなっている状態でもはたから見れば、ポコペソ太郎はめちゃくちゃ礼儀正しいそうです

裏ポコペソ太郎は表よりも真面目らしいので、酔っていると気が付かれないらしいです。

ただ、自分が把握している酔いのパターンは3つあり、眠るor泣き上戸になるor徘徊する・・・この3つのパターンがあり、最後の徘徊するがやっかいです。

ある時は居酒屋で泥酔し、くつをきれいに揃えたまま居酒屋を飛び出し、くつ下のまま夜の街を徘徊し、警察署の前で寝ていたそうです(汗)

またある時は、ちょっとトイレに行ってきますね!と言って、そのままトイレに行かず、遠く離れたまで歩いていき、電車に乗り、またまた遠く離れた駅で降りて徘徊していました。

例えるなら、東京の品川で飲んでおり、気付いたら静岡県の駅を徘徊していた感じです(汗)

しかも記憶を無くした状態で徘徊して、歩いている時にふと記憶が戻ってくる感じなので、夢遊病みたいで怖いです( ゚Д゚)

カエル太
ポコペソ太郎が一番ヤバイやん!
ポコペソ太郎
ゴッ・・・ゴメンナサイ(*´Д`)

ただ、礼儀正しい裏ポコペソ太郎、切符はしっかり買っていました(汗)

そして、終電で徘徊していたため、見知らぬ土地に取り残され、困ったポコペソ太郎は嫁に電話しましたがブチギレられました。

徘徊先近くのコンビニの店員さんにタクシーを呼んでもらい、高い金額を払って深夜に家に着きました・・・。

・・・他にも酔っ払った時のエピソードはありまして、徘徊中道と川を間違えて進み、川に落ちた事もあります。

↑ こんな感じの川を道と間違えましたww

落ちる時は、マリオが落ちる様に足から落ちました(汗)

何とかジャンプして脱出しましたが、スーツはびしゃびしゃで携帯は水没してぶっ壊れました!

次の日仕事でしたが携帯水没にて目覚ましが鳴らず爆睡、会社からかかってくる電話も水没にて分からず、大遅刻で他の営業マンが家まで心配して迎えに来てくれました( ;∀;)

まあ、その営業マンに飲まされたんですけどね(汗)

・・・

ポコペソ太郎の失敗談は、極端に酔った時だけなのでご安心下さい

日本酒をイッキさせられたとか、スピリタスというアルコール度数98%の蒸留酒を飲まされた時くらいしか泥酔しませんよ!

 

以上お酒にまつわる失敗談でした!書いてて楽しかったので、シリーズ化したいと思います。

それではみなさん良いお酒を~(*´ω`*)

こちら関連記事で~す☆

case11: 酒を飲みながら仕事モンスター

2017.08.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。