case4: 惚れやすいモンスター店長

惚れやすいモンスター店長現る!

 

どーも、ポコペソ太郎です!

今回はキャバクラ嬢に溺れてしまった惚れやす過ぎるモンスターを紹介します。悲しい結末を迎えます。

熊みたいな体型で頭ツルツル、恋多きモンスターO店長

ポコペソ太郎が機械営業を始めた12年前、一番最初に機械を買ってくれたお店の店長だったO店長、当時30代後半にして頭はツルツルで、熊みたいにガタイはでかかったですが心優しい店長でした。

本当にピュアで、しかも女の子に惚れやすい特徴がありましたので2回離婚歴があり、さらにキャバクラ嬢にハマっていくのを目の当たりにしました。

機械販売をしているある日、O店長に一緒に飲みにいかないか?と誘われたので、すぐその日の夜に食事で一緒に焼鳥屋に行きました。

そこで今気になっている人がいると言われ、この後その子が働いている店に行きたいし、ついてきて欲しいと言われたので一緒にキャバクラへ行く事になりました。

キャバクラとは美人できらびやかな女性が、ソファーの隣に座ってマンツーマンで会話してくれる夢心地のような場所ですが、ラウンジやスナックに比べるとかなり値段が高い場所です。50分~60分で8000円~10000円(指名やドリンク次第でかなり上振れ)はかかります。まあピンキリです。

もとからピュアなO店長ですから、キャバ嬢に好きと言われれば惚れます。

ついていったキャバクラですぐに気になる子を指名しました。指名とは、好きな子を隣に座らせることができるオプションで、別料金を取られるシステムです。照れるO店長に対し、指名されたキャバ嬢は赤いドレスを身に纏い、なかなかの手練れ臭がしました。まあプロですからね。

通う!指名する!!みつぐ!!!

次第にキャバ嬢はプレゼントを欲するようになりました。

最初は安いプレゼントからどんどん金額を上げていくスタイルです。

O店長から仕事が忙しいということで、買い物を頼まれたことがあります。

 

O店長「ポコペソ太郎君、忙しいところ悪いんだけど、オパに買い物に行ってくれる?白いサンダルが欲しいんだけど、オパの靴売り場まで行ったら写メ撮って送ってね!」

ポコペソ太郎(オパ?・・・・オパ?)「わかりました!」

 

自分なりに推測し、OPAで買い物をしろと気づきました。オーパじゃん!!

ちょっと天然なところがあるO店長です。サンダル売り場に到着し、白のサンダルの写メをいくつか送って10分後、結局一番高い1万円位するものを買いました。

・・・

キスすらしていない一方通行の恋は悲しい結末を迎えます。今思えば数年間でかなりの回数キャバクラに行ったりプレゼントをしたり、よくお金があるなあと疑問に思っていましたが、流行っている店の店長ですし年収が高いんだろうな~位に思っていたら、とんでもないことをしていました。

なんとO店長、会社の金を横領していたのです。その額は数千万円にも及ぶ金額になっていました。

その事実が明るみになり、逮捕です。あまりの出来事に衝撃を受けました。貢ぐ事を見ていたのに止められなかった後悔の気持ちはあります。

人はいつモンスターに取りつかれるか分かりません。今回は少し悲しいお話でした。

ちなみにキャバクラは貢がせる人(ごく少数)ばかりではなく、気さくな方や人間味あふれる面白い方、惚れやすいピュアな子も多いのでフォローしときます。