case3:接待を強要?コアラ部長あらわる

接待強要モンスター現る!

 

どーも、ポコペソ太郎です!

今回はサラリーマンを悩ませる接待好きのモンスターを紹介します!

接待強要モンスター!見た目がコアラにそっくり、コアラ部長あらわる!

全国に支店を持ち、地元でも有数の大企業に勤めるコアラ部長、年齢は45歳で会社で使う機器の筆頭選定者でもありました。

なぜコアラ部長と呼んでいるかと言いますと、目がつぶらで鼻が大きく、髪型がコアラの様に広がっており、かつ銀色なのです。見れば納得!

全国何百億円もの売り上げを左右する部門の部長でしたが、思うような結果が出せず、肩書は部長のままでどんどん仕事を減らされるようになります。部長という肩書は残っていますが、実質は地方のエリア管轄長位の仕事しか任されなくなりました。

それでも過去の栄光があり、僕たち機械メーカーの営業マンもコアラ部長の過去を知っていましたので、営業に行く際は他のメーカーもポコペソ太郎もコアラ部長を持ち上げながら話をしていました。

ちなみに、話をしていました。と書いていますがかなり変わった人で、普通に会話をする事が難しいです。具体例としては・・・

ポコ「部長お疲れ様です!今日は機械案内でお伺いさせていただきました!」

コアラ「・・・う~ん、稀勢の里か・・・」

ポコ「稀勢の里強いですよね~」

コアラ「(沈黙)う~ん・・・(ゴルフの素振りをしだす)」

ポコ「部長、最近ゴルフ行ってるんですか?スコア良くなりましたか?」

コアラ「そういえばポコペソ太郎、この前俺の地元の高校の話したかな?」

 

・・・いつもこんな感じです(笑)でもこれでいいんです。担当した頃は意味が分からなかったんですが、長く付き合うと意味がわかります。解説してもいいんですが、長くなるのでカットします。

上記の会話でのポイントはゴルフの素振りです。これはコアラ部長の事務所に部下がいない時しかしないのですが、これが始まると接待強要の合図となります。

ゴルフの素振り → 営業マンがゴルフについて触れる → 行きたいな~としきりに言う → 営業マンが行きたいですねと誘う → 夜はどうするの?と部長が聞く → 夜も一緒に食事行きましょうと営業が誘う → 一緒はまずいよ~と部長が言う(接待禁止の会社です) → じゃあたまたま飲み屋近辺で会った事にすれば偶然ですからいいですよね?と提案 → あとは電話で場所や時間の段取りで終了となります。

めんどくさっ!

これを他のメーカーもやっております。コアラ部長がこんなことをしているのが会社にばれたら降格するので、皆必死に秘密を守ってあげています。優しさです。ですが、こんな気持ちもつゆ知らず、焼き肉が食べたいだの鳥なべが食べたいなど言ってくる訳です。上記のやりとりがない場合でも直接これが食べたいな~と電話がかかってきますよ。

ちなみに接待をしたら莫大な見返りがあるかというと、そうではありません。他のメーカーもやっていますし、せいぜい少額の機械を買ってくれるくらいです。ただそれがノルマ達成につながる事もありますので、お互いに依存してしまう悲しい関係です。

ゴルフはプレー費は各自払い、夜はこちらが全額負担です。いつも支店長とポコペソ太郎でもてなします。

ちなみにポコペソ太郎の会社は接待交際費の規定が厳しく、申請が通る事はまれですので支店長とポコペソ太郎の小遣いからまかなわれます。個人的には大赤字です。支店長、いつも多めに出してくれてありがとうございます。

予想の斜め上をいくコアラ部長

記事が長くなってしまったのですが、最後に爆弾を落とします。

このコアラ部長、接待時になんと!!!

嫁を連れてきます・・・

毎回ww  以上接待強要モンスターコアラ部長の話でした。こんな事書いてますけどポコペソ太郎は部長の事大好きですよ!