case30: 顔も態度もデカいモンスター 中ボス 降臨!

中ボス降臨!顔も態度もデカいモンスター

 

どーもポコペソ太郎です!とうとうcase30まで書き進めることが出来ました。

case30という事で、少し強めのモンスターを紹介したいと思います。ドラクエで例えると、中ボスのカンダタ位ですね。

アイキャッチ画像に使用している画像は秋田の「なまはげ」ですが、なまはげ級に顔が大きいモンスターです。

いままでに出会った人類の中で、一番顔が大きい人です(汗)

Tシャツとかは首から顔を通す時に、襟がヨレヨレになるんじゃないかという位顔がデカいです。

それでは張り切っていきます!

数々の悪行を繰り返す、悪い人間

今から12年前の話から、現在までのエピソードになります。

顔がデカいのでなまはげ支店長と以後記載します。わるいごはいねえか~~!!いや、あんただよ!! という位悪い人でした。

年齢は現在50代後半で、もうそろそろ退職しますが、過去の悪行をおとがめなしでやり過ごそうとしていますので、モンスターとして紹介させて下さい。

今から12年前、営業マンのノルマは現在と変わらずにありました。

ノルマを達成できなければ、おどりゃーすどりゃー言っていた時代です。

営業マンも朝から深夜までこき使われて、車で片道3時間かかる地方に行く営業マンも、夜の23時の報告で数字が上がっていなければ、なまはげ支店長の指示で3時間かけて帰ってきていました。

次の日は8時に出社し、また3時間かけて地方に向かう、そんなことを毎日強要していました。

その営業マンは過労で、意識がもうろうとしている中で運転中にトンネルの壁に激突し、大事故になりました。

また他の営業マンには会議中になまはげ支店長がブチ切れて、ガラスの重たい灰皿を営業マンめがけてぶん投げました。

幸い、営業マンは北斗の拳のトキの様にかわしましたが、当たり所が悪ければ死んでいたかもしれません。

まさにパワハラですが、他にも悪行は数々・・・。

社員から罰金を集めて豪遊

当時営業マンはノルマが達成できない事も多く、そのたびになまはげ支店長は罰金と称し、お金を集めていました。

このように500円単位の罰金もありましたが、1万円まで幅広く営業マンから徴収していました。

激務を課すために、疲労した営業マンが遅刻する事もありましたが、そのたびに罰金を集めていました。

このなまはげ支店長は、ノルマが達成出来たら返すとも言っていましたが、約束を果たしても一度も営業マンに返る事はなく、自分の飲み代やデリバリーさんとの甘いひと時の為に使っていました。

また、社員を自分の駒の様に扱う人で、営業時間にも関わらず、競艇の舟券を車で一時間くらい離れた場所に買いに行かせたりもしていました。

領収書マジック!

当時、仕事で遠方に行く場合はビジネスホテルに泊まる事が許可されていました。ただし、上記の通り営業マンは遠方に行っても日帰りさせられる事が多く、あまり泊まる事は出来ませんでした。

しかしこの支店長は、遠方に行く事もなく、地元でデリバリーさんをラブホテルに呼んで事をいたした後、そのラブホから領収書をもらい、上手に改ざんしてビジネスホテルに泊まった事にしていました。

つまり、会社の経費でデリバリー一式の金額をまかなっていた事になります。皆さん、酷いと思いませんか?

領収書マジックはこれだけではありません。

弊社から設備機器を導入したお店が新規や改装オープンする際に、弊社から花輪を贈るのですが、その花輪も贈ったことにして架空の領収書を作り、数万円の小遣いを作っていました。

このような行為は何度も行っており、百万円以上は小遣いにしていたと思われます。

なまはげがいたら、この支店長を懲らしめてほしいですねww

現在のなまはげ支店長は・・・

皆さん、社宅はありますでしょうか?

ポコペソ太郎の会社は、転勤があった場合、社宅を借りられる権利が発生します。

このなまはげ支店長は転勤を繰り返していましたので、常に社宅(好きなマンション)を会社経費で借りられました。

12年前、悪事を働いていた頃もありましたが、日本全土、各地を転々とし、またポコペソ太郎のエリアに帰ってきました。

社宅は普通は通勤しやすい場所や、会社の近くに借りるものだと思うのですが、この支店長はわざわざ会社から車で1時間以上離れた場所に社宅を借ります。

会社が許可を出さなければ済む話なのに、会社の昔からの功労者という事で、社長も大目に見ているようです。何も功労してませんけど??

これにより、会社に理由をつけて、支店長ながら1時間以上早く退勤できるという訳です。

定年間近なので、自分の時間が欲しいのかもしれません。

 メリットのない人間は無視

定年間近となり、人間の本性が現れてきました。

自分にとってメリットのない営業マンは無視し、定年後も会社に残れるように、手柄を立てたがるようになりました。

出来る営業マンとくっついて行動したり、数字を取ってきた営業マンの報告書を改ざんし、自分も同行して一緒に数字を取ったと会社に報告する様になりました。

 

話は少し変わりまして、年始のエピソードとなります。

メリットのない人間は無視という事につながるのですが、実は今年、このなまはげ支店長から年賀状が届いていません。

営業マンは皆、なまはげに年賀状を送るのですが、なまはげから部下へは誰一人として年賀状を送っていません。

喪中でもありません。なまはげは役員にだけ年賀状を送っていました

部下とはどうせ1年と少しで関係が切れるから送らないという魂胆なのでしょうが、送ったら送り返すのがマナーなのでは?と思います。

ましてや、エリアの代表ですから、しっかりして欲しかったという気持ちはあります。

今までの人生で、会社の付き合いで年賀状をもらわなかったのはなまはげ支店長だけです。

・・・

いかがでしたでしょうか?

最近はなまはげ支店長は過去の栄光を良く語り、自分に酔っています。特に役員がいる前でのアピールは凄く、是が非でも会社に残りたさそうな感じです。

しかし全営業マンが嫌っており、その状況を役員も実は知っているので、あと数か月でおさらばです。

人はなぜモンスターになってしまうのでしょうか?

モンスターはパワハラしがちですが、パワハラを受ける人間にも家族、子供もいて、必死に会社で頑張っています。

なぜ、優しくできないのでしょうか?なぜ敵を作るのでしょうか?

過労やストレスで営業マンがつぶれると自分の評価を下げるだけなのに、なぜそこまで頭が回らないのでしょうか?

・・・そうか、それが分からないからモンスターなんだ・・・

 

以上、顔も態度もデカいモンスター、中ボス 降臨編でした! 早くラスボスも紹介したいですが、case50を超えてからにします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。