case14: 競艇服で会議に参加する営業マン

競艇選手に憧れて・・・

 
どーもポコペソ太郎です!今回は営業マンサイドのお話です。タイトルの通り競艇大好きな営業マンの話ですが、それだけではなく、かなり変わった性格の人間です。

野生爆弾のくっきーさんに見た目と性格が似ています。

一人だけスーツじゃない??

今回紹介するのは他の支店の営業マン、くっきーさんです。野生爆弾のくっきーに似ているので以後そう呼びます。

年齢は30代後半で、坊主頭に無精ひげ、性格は漫画の「美味しんぼ」に出てくる山岡士郎の様に、上司にこびへつらう事なく、我が道を行くタイプです。野生爆弾のくっきーの様に突拍子もないこともします。

各エリアの営業マンが集まる時にこんな事がありました。

非常に緊張感のある会議にいつもはなるのですが、一人だけ青色の競艇服を着ている男がいました。

当然、みんなざわつきます。誰があんな服着ているんだ・・・くっきーさんか・・・。

いじりづらい人でもありますので、皆見て見ぬふりです。しばらくしてエリアのトップであるエリア長が会議室に入ってきました

当然、会議をなめるんじゃない!! とくっきーに対して言うかと思いきや、ぼそっと

「おいくっきー、それはダメだろう・・・」

と消極的な注意。

みんな厄介な存在だと認識しているのでエリア長とはいえ、なかなか注意出来ないのです。注意しようものなら「あなただって過去こんな事してたじゃないですか・・・」なんて弱みを発表される可能性があるので、放置です。

くっきーは「この服しか無かったんで・・・」と言い訳していましたが、それって言い訳なのか?とポコペソ太郎は思いました。

会議中は坊主頭の競艇選手がちらついて、皆まったく集中出来ませんでした。

・・・

またある日の出来事です。

各エリアの営業マンが集まる会議で今度はくっきーさんのひげが目立って生えていました。営業マンは清潔さが大事でひげを剃らないのは言語同断です。

見かねたうちの支店の上司がくっきーに

「おい、ひげはちゃんと剃れよ。営業マンはちゃんとそういうとこしないとダメだろう!ひげ剃りあるから貸すぞ」

と注意すると、くっきーは

「ひげは剃りませんので。ひげは・・・」

と返しました。これに怒ったうちの上司がもう一度剃れ!!というと、くっきーは

「ひげは剃りません。はい、ひげは剃りません・・・」の一点張りです。

ぐぬぬぬぬぬという感じのうちの上司、結局相手にしたのがバカだったと認識し、その場を去りました。

くっきーはうちの支店の上司の事が嫌いなので、わざとそういう態度をとっていました。そんな事、今のサラリーマンは中々出来ないですよね?

成績は良く、売ってくる営業マンのくっきー

坊主でひげ、こんな感じです。

変わっているくっきーですが、お客さんのウケは抜群で、機械をいつも売ってきます。提案力とプライベートへの介入力が他の営業マンを圧倒しています。

勝手にお客さんの事務所に入って勝手にジュースを飲んだりパソコンをいじったりしても全く怒られません。

従業員の態度が悪ければ、くっきーは教育もしてくれます。

趣味の面では特に競艇の知識がすごく、競艇に興味のないお客さんもいつのまにか虜にさせる力を持っています。そして、お客さんと一緒に競艇のメッカである住之江競艇場に営業期間中でもわざわざ出向き、何日も帰ってこない事もしばしばあります。

くっきーさんの支店の支店長はその事を知りながら黙認しています。なぜなら、売ってくる営業マンだからです。

こういう部分も美味しんぼの山岡士郎そっくりですね。

面倒見も良くて、新人が入ったときは、飯に困らないように家に招待して自分の奥さんや子供と一緒にご飯を食べる、アットホームな一面もあります。なので、下からは好かれて上からは嫌われる方です。

上から嫌われるという事は、出世に影響してしまいます。

くっきーさん、入社して十数年たちますが、役職が一切上がらない平社員のままです。普通にしていれば成績は抜群ですので出世できますが、先ほどの競艇服事件や、ひげ剃らない事件のせいで、上司がくっきーを上げたがらないのです。

ただ、そこはくっきー、平社員が良いとずっと公言しており、平社員が係長や課長の成績を上回る事に快感を得ているようです。

ちゃんと売ってきて下さいよ、係長なんでしょ?という文句をしょっちゅう言っているそうです。

・・・

今回は営業サイドのモンスターでしたが、本当に色々なタイプの営業マンをうちの会社は抱えています。

ポコペソ太郎ももしかしたらモンスターと思われているかもしれませんね(汗)

いずれまた他のモンスター営業マンを紹介したいと思います。今回は競艇服を着て会議に参加するモンスター営業マンの話でした。ではまた!